大腸がん治療.com
大腸がんの名医・名病院
-大腸がん治療・手術の名医-
斎藤豊先生(国立がんセンター中央病院)
 トップページへ戻る       (参考ページ)メディアで紹介された「がんの名医・予約殺到のスゴ腕ドクター」  
 


 当サイトは、大腸がん治療の実力病院ランキング、口コミで評判の名医情報等を提供しているサイトです。
 このページでは、大腸がん治療・手術の名医と言われているドクターの一人、斎藤豊先生(国立がんセンター中央病院)に関する情報を掲載しています。
 大腸がんは、結腸がんと直腸がんとに分けられますが、大腸がん全体のうち直腸がんが半分以上を占めています。
 かつての直腸がん手術は、命を救う代わりに下腹部の神経を壊していました。男性は性機能を永遠に奪われ、女性は尿が漏れましたが、この苦しみは健康人の想像を絶するものがありました。
 現在は腹腔鏡下手術が普及し、多くの大腸がん患者が痛みが少なく回復の早い手術を受けることが出来るようになりました。
 この領域においてトップに立つ名医は、北里大学病院の渡邊昌彦先生と言われていますが、その他にも実力のあるドクターは全国にいます。大腸がんに罹った時は、「治療上手の名医を選び、きちんと治してもらう」というのが大原則です。当サイトでは実力病院、有名ドクターに関する情報を数多く掲載していますので、よろしければ治療を考えられる際の参考になさってください。
カスタム検索
sponsored link


 
大腸がんへの抗腫瘍効果も報告されています  世界が認めた抗がん漢方薬。注目される驚愕の抗腫瘍作用>>サンプル・資料請求(無料)

 
大腸がん治療・手術の名医:斎藤豊先生(国立がんセンター中央病院)

手術者の技量が重要といわれるESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の大腸がん治療をメインに実施しています。
高性能の拡大内視鏡による全国トップクラスの高い診断力で、病変の深達度を正確に診断し、慎重に適応を決めた上で治療を施行しています。
現在年間約60例のSED治療を施行しており、正確な術前診断に加え、穿孔を予防する工夫がなされ大腸ESDが行えるようになったおかげで、従来外科手術が必要な症例に対しても安全に内視鏡治療をすることが可能となりました。
斎藤豊氏についての更に詳しい情報をお知りになりたい方は、「大腸がんに関する詳しい情報を探す」をご参照下さい。

東京都中央区築地5-1-1 ℡03-3542-2511
(参考)名医navi-Japan


●大腸がん治療・手術の名医がいる病院

 食生活の欧米化と高齢化社会が重なり、大腸がんの罹患者数は毎年約10万人にも達しており、この10年間だけで大腸がんの年間死亡者数は、男性が1.8倍、女性が1.4倍と急増しています。
 大腸がんは患者数が多く、適切な診断と治療が課題となっていますが、ある出版社が2007年に各地の主要病院に対して行ったアンケート調査結果によれば、大腸がんに強い病院、名医のいる病院は全国40病院以上を数えています。
 首都圏では、東京都立駒込病院が年間患者数が716人(2007年の調査)で、名実ともに実力ナンバーワンと言われています。
 次いで国立がんセンター中央病院、聖マリアンナ医科大学病院、国立がんセンター東病院に名医と言われるドクターがいます。
 近畿・中部では、大阪市立総合医療センター、国立病院機構大阪医療センター、ベルランド総合病院、兵庫医科大学病院、愛知県がんセンター中央病院、名古屋第二赤十字病院、静岡県立静岡がんセンターが大腸がんの実力病院として有名です。
 また、大腸がんの腹腔鏡下手術の名医がいる病院としてとして挙げられるのが、この分野における第一人者である渡邊昌彦外科教授がいる北里大学病院と、奥田準二教授がいる大阪医科大学付属病院で、東西の双璧と言われています。
 がんは命にかかわる病気だけに、医師・病院選びは極めて重要です。
 中でも進行直腸がんは手術後に骨盤内にがんが再発することが多く、その予防策として周囲臓器との境界、自律神経との境界で直腸をきれいに剥離して切り取ることが「外科医の常識」と言われていますが、それ自体が高度なテクニックを要求されるため、どこの病院でも同じ手術が受けられるとは限りません。
 大腸がんに罹った時には、治療の上手な名医を選び、きちんと治してもらうことが何より大切です。
sponsored link
 このページでは、大腸がんの治療・手術の名医と言われているドクターの情報を掲載していますが、インターネット上にはその他にも数多くの情報が提供されています。
 下記に大腸がんのおすすめ病院、名医情報を掲載したサイトをご紹介しておきますので、よろしければ参考になさってください。

(参考)名医の最新治療法紹介 スペシャリストが最新治療を解説 ①進行大腸がん ②結腸がん ③直腸がん
(エリア別病院ランキング)
 全国 ●東北 ●北海道 ●関東 ●北陸・甲信越 ●中部 ●近畿 ●中国・四国 ●九州
(サイト内リンク)
 ・大腸がんの病院・医師選びのポイント…どういった点を考慮して病院選びをすべきかをご紹介しています。
 ・大腸がんの初期症状について…大腸がんの初期症状と自覚症状を掲載しています。
 ・大腸がんの再発・転移について…大腸がんの再発・転移に対する考え方についてご紹介しています。
 ・大腸がんの5年生存率について…部位別(直腸がん・結腸がん)、ステージ別の大腸がん5年生存率を掲載しています。

(参考サイト)
※大腸がんの名医18人につきましては、当サイトのトップページからご覧になれます。
全国の大腸がんの名医最新版(北海道から九州までの名医60名を一挙公開)
がんを薬で治す!「抗がん剤・分子標的薬治療の現状」
私が大腸がんならこの病院に行く!(大腸がんの最高の名医9人)
大腸がんのスーパードクター工藤進英先生
直腸がんの有名・おすすめ病院
大腸がんの5年生存率が高い病院
大腸がんが再発・転移した方への情報提供

大腸がんに対する抗腫瘍効果が報告されている漢方薬をお試しいただけます!
 最近世界中のがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬があります。
 世界が認めた抗ガン漢方薬! として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「末期がんから生還した」「延命した」「西洋医学での治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。一時期無料サンプルの提供を中止していましたが、再開を求める声が多かったため、現在提供を再開しています。ご希望の方はお早めにどうぞ。

低下した免疫力を高める物質を東京大学のグループが発見!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
 抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。
 低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとってとても大きな意味を持ちますが、こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
 いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  


(参考サイト) 数々のガン患者を完治させてきた食養理論!~癌克服への挑戦~

sponsored link



『ご留意事項』
・「大腸がん治療.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医療機関・医師を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。
・医療機関を選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

大腸がん治療.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

-大腸がん治療.com-
COPYRIGHT (C):病院ランキング研究会2012. ALL RIGHTS RESERVED.